歴史文化

源頼朝


源頼朝は、治承4年(1180年)8月に伊豆で平家打倒の兵を挙げましたが、相州石橋山の合戦で敗れ、28日に同国土肥郷の真名鶴岬(現真鶴岬)から小船で脱出し安房の国房総へと逃れます。翌29日、わずかな供を連れて、鋸南町竜島に上陸しました。竜島の村人たちは、頼朝を歓迎して、いろいろと世話を焼いたと伝えられています。源氏にゆかりのある安房の武将・安西景益は、頼朝を護るため自分の館に招きいれます。頼朝はそこから、房総の有力豪族に使者や手紙を送り味方を募り、勢力を盛り返しました。上陸したとされる場所には、碑が建てられており、再起再生の地として注目を集めています。

住所 千葉県安房郡鋸南町竜島地先
アクセス方法 JR安房勝山駅から徒歩で10分
TEL 0470-55-4061
備考 お問い合わせ:鋸南町教育委員会・歴史民俗資料館
メールアドレス shiryoukan@town.kyonan.chiba.jp

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索