寺社仏閣

鶴谷八幡宮(つるがやはちまんぐう)


養老元年( 717年)に今の三芳村府中に創建と伝えられ、品陀和氣命(ほんだわけのみこと)ほか三柱が祀られています。鎌倉時代に現在地に移され、安房国の総社となりました。毎年9月の例祭には安房神社をはじめ、近郷10社の神輿の出祭があり、六所祭(国司祭)が行われます。拝殿正面の格天井に埋め込みの「百態龍」は宮彫師、後藤利兵衛義光の作です。また、本殿、棟礼、刀剣銘「守家」などが伝えられています。昭和15年4月(1940年)には、県社となり昭和53年(1978年)現社名に変更されました。創建の際、国司自ら祭祀を執り行ったと伝えられ、六所祭(国司祭)が始まったといわれています。

住所 館山市八幡68
アクセス方法 JR内房線館山駅から徒歩20分
TEL 0470-22-1258
備考 例大祭:毎年9月敬老の日の前の土曜日・日曜日

動画

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索