祭り

六軒町の山車


山車は明治20年代前半の作。大工は地元の吉野伝蔵。山車彫刻は後藤喜三郎橘義信により明治20年代後半完成といわれている。竜虎、孝子物語など見事だが、なんといっても、正面を覆うように置かれた桐と鳳凰は圧巻。この鳳凰を乗せるための山車といわんばかりのスケールと意匠だ。金箔が貼られたその姿は六軒町の勢いと重なります。人形は楠木正成。9月の「やわたんまち」、10月の「南総里見まつり」で見ることができる。

住所 館山市北条1980
アクセス方法 自動車:富津館山道路・富浦ICから国道127号で約15分
電車・バス:館山駅から徒歩5分

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索