祭り

大芝の山車


明治30年の那古祭礼発足以前から現存する最古の山車のひとつ。彫刻師、後藤喜三郎橘義信の手による彫刻は、囃子座には松の木に群れる小鳥を狙う鷹の丸彫りが欄間と前柱で一体となっており、その左柱には幹の巣穴にひな鳥がいるという芸の細かさです。人形は三種の神器をつけ、黄金に輝く鵄がとまった弓を持つ神武天皇。

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索