安房国札三十四観音

11番 金銅寺

こんどうじ

奇雲山金銅寺 【真言宗】 聖観世音菩薩
ご詠歌「はるばると のぼりて見ればこんどう寺 はぎのはしらは五六千本」
本尊:聖観世音菩薩 由緒によれば、和銅2(709)年に現在地より北方の小萩坂に行基が観音菩薩像を刻んで創建したという。その後荒廃し草原となってしまったが、弘安3(1280)年に僧玄助(げんじょ)が立ち昇った白雲を見て草むらを掻(か)き分けたところ金銅の聖観音像が現れ、ご詠歌にあるように萩(はぎ)を束ねて柱とし茅(かや)で屋根を葺き観音像を安置したとされている。文安5(1448)年に村人たちが力を合わせて堂宇を建立し崇拝して以来、地元民の力に支えられ現在に至っている。境内には町指定文化財で、寛政元(1789)年に大山(鴨川市)の鋳物師(いもじ)藤原忠直作の梵鐘(ぼんしょう)(願主は湯殿山講中)がある。戦時中供出されたが山梨県の長生寺にあることが判り、昭和58年に戻された。他に文政12(1829)年建立の出羽三山碑や光明真言供養塔などがある。

住所 安房郡鋸南町上佐久間1977
備考 <お問い合わせ>
〒294-0045 館山市北条1879-2
館山市観光協会 TEL:0470-22-2000

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索