風景

    JR館山駅(西口)

    関東の駅100選に選ばれている館山駅は、南欧風の建物が特徴です。 駅の東口・西口では、季節ごと様々な花が訪れる方を迎えます。

    ヤシ並木

    年間平均気温が16℃と温暖な館山。 南国を感じる市内では、至る所にヤシ科の植物が植わっており、海岸線はもちろん、高速道路で館山へ来た方を、一番に迎えます。

    房総フラワーライン(日本の道100選)

    日本の道100選に選ばれている、房総フラワーラインでは早春に菜の花、ノースポール、夏にはマリーゴールドと、季節ごとに様々な花が咲き誇ります。

    北条海岸

    市内で最も長い海岸線を持つ、北条海岸。関東の富士見百景に選ばれており、天気の良い日には、海越しの雄大な富士を眺めることが出来ます。

    富士山(館山)

    関東の富士見百景に選ばれている館山市では、市内の各地で富士山を眺める事が出来ます。また、毎年5月と7月には、海越しのダイヤモンド富士をご覧いただけます。

    城山公園

    里見氏の居城があったとされる、城山公園には、館山市立博物館・館山城(八犬伝博物館)があり、山頂からは市内・鏡ケ浦が一望できます。

    安房神社(あわじんじゃ)

    安房国一宮で、古代の氏族忌部氏の祖神天太玉命が祭神です。縄文時代の人骨などが発掘された境内の洞窟遺跡は、県史跡です。境内を覆うように桜が咲き誇り、桜のアーチを楽しめ桜の名所としても有名です。

    崖観音(大福寺)

    崖の中腹に建つ、崖観音。717年(養老元年)、行基の創建。舞台造りの観音堂にある本尊は、磨崖十一面観音立像(市指定有形文化財)です。観音堂の前からは館山湾、市内を一望できます。平成28年7月に修繕工事が完了し、天井絵も修復され見事な朱色が復元されました。

    “渚の駅”たてやま

    館山湾が一望できる展望デッキ、展示水槽がある海辺の広場、房総の海と生活がテーマの渚の博物館、商業施設棟などからなる複合施設。桟橋形式として日本最長の館山夕日桟橋が隣接しています。展望デッキからは、館山湾を一望でき、天気が良いと海越しの富士山を眺めることが出来ます。

    洲埼灯台

    東京湾入口に位置する高さ14.75m白亜の灯台。眺望台からは、富士山や大島などを一望できます。 平成27年、国の登録有形文化財に指定されました。