江澤館

美しい磯の風景と外房随一の海の色を見せる太海の写実的な風景をとらえようと、明治後期より日本洋画家たちがあししげく通い、常宿とした江澤館。開業は、大正2年からで、当時より画家の宿と呼ばれています。江澤館で描かれた代表作として、安井曽太郎の「外房風景」があります。昭和6年に、江澤館4階で描かれており、今なお大作さながらの風景を望むことができます。