安房の三名工

後藤利兵衛橘義光(初代後藤義光)  祭りにはさまざまな楽しみ方がありますが、山車や神輿に掘りこまれた彫刻に注目してみるのも楽しいものです。これらの多くは、明治から昭和にかけて活躍した房州後藤流とよばれる彫物師の作品です。… 続きを読む 安房の三名工

語り「富田先生の『青い目の人形』」

昭和2年、アメリカの子供達から「アメリカと日本が、これから、ずっと仲良くしていくために、まず子供達同士が仲良くなりましょう」というメッセージを込めて、青い目の人形が贈られました。 これは、アメリカで排日移民法が議会で成立… 続きを読む 語り「富田先生の『青い目の人形』」

語り「たこのうらみ」

昔むかし、館山の布良の浜にはタコがいっぱいいて、子供でも手で掴み取れるほどでした。 ある日、貧しい漁師の妻が、浜に出ると大きな一匹のタコが磯で動き回っていました。 これは、いい物を見つけたと妻が近づくと、タコは岩穴の中に… 続きを読む 語り「たこのうらみ」

語り「長持の中の女」

昔、山深い村で、人々がまだ鏡を一度も見たことがなかった頃のお話です。 この村に清吉さんという男が住んでいました。清吉さんは、女房と二人暮らし、百姓仕事の合間に薪を作って町に売りに行っていました。 ある日、薪を売りに行った… 続きを読む 語り「長持の中の女」

語り「金の竜」

今から約1300年前の飛鳥時代、大和の国(現在の奈良県)に「役の行者」が生まれました。 名前は、小角。毎日、厳しい修業を重ねたおかげで、修験道、最初に山伏になった人となりました。 しかし、優れた才能に魅かれて弟子がたくさ… 続きを読む 語り「金の竜」

語り「太平洋を渡った房州のアワビ漁師達」

明治30年、千倉の千田で発生した大火事火事により家財を失った漁師の小谷仲治郎は、兄の源之助を誘いアワビ漁のため渡米します。漁師達は、最初は、寒流のカリフォルニア海流に手こずりますが、器械潜水夫の活用により、爆発的にアワビ… 続きを読む 語り「太平洋を渡った房州のアワビ漁師達」

語り「日蓮上人と鮑」

日蓮上人は、今から780年前に小湊で生まれ、清澄寺で修業をしました。 16歳で僧侶の資格を取得し、名前を蓮長とし、もっと仏教を勉強したいということで17歳で鎌倉に出て、21歳まで修業を積みました。 その後、鎌倉だけでは不… 続きを読む 語り「日蓮上人と鮑」