千葉県酪農のさと

江戸時代、八代将軍吉宗がインドから2匹の白牛を輸入し放牧したことから日本酪農発祥の地として、酪農の発展をおった資料が展示されています。