祭り

堂の下の山車


明治30年頃に建造され、平成元年に大改修をして今の姿になる。ちょうこくは後藤喜三郎橘義信。江戸型の様相を思わせる高欄受け桝組と、加藤清正虎退治の破風飾りの屋根は南総でも他に類を見ません。また正面右の飾り柱の透かし彫り「獅子と鞠」は見事。人形は仁徳天皇、幕は浦島太郎と上からしたまで見所がたくさんあります。

マップ

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索