崖観音(大福寺)

「船形山大福寺(だいふくじ)」という真言宗のお寺で、崖観音(がけかんのん)の名で親しまれています。本尊は、堂山(船形山)中腹の観音堂内陣の自然の壁に刻まれた十一面観音立像です。寺伝には、養老元年(717)に僧行基が、東国… 続きを読む 崖観音(大福寺)

洲崎神社(すのさきじんじゃ)

忌部一族による安房開拓神話に登場する安房忌部氏の祖天富命が、祖神の天太玉命を祀ったのが安房神社で、その后神の天比理乃咩命を祀ったのが当社であるといいます。 平安時代の「延喜式」には「后神天比理乃咩命神社大、元名洲神」とあ… 続きを読む 洲崎神社(すのさきじんじゃ)

鶴谷八幡宮(つるがやはちまんぐう)

養老元年( 717年)に今の三芳村府中に創建と伝えられ、品陀和氣命(ほんだわけのみこと)ほか三柱が祀られています。鎌倉時代に現在地に移され、安房国の総社となりました。毎年9月の例祭には安房神社をはじめ、近郷10社の神輿の… 続きを読む 鶴谷八幡宮(つるがやはちまんぐう)

那古寺(なごじ)

那古寺は、板東三十三番納礼所、それに安房国札所第一番として、昔からの廻国巡礼の霊場です。寺伝には、行基開基、慈覚中興となっている真言宗の寺院で、本尊は木造千手観音像。室町期には、里見氏の帰依を受けて、寺運は隆盛しました。… 続きを読む 那古寺(なごじ)

小網寺(こあみじ)

真言宗の寺院で金剛山小綱寺といい、不動明王を本尊とします。かつては密教道場として隆盛し、里見氏からは15石、江戸時代は幕府から25石の寺領を与えられていました。 境内には安房国札三十四観音の三十二番札所にあたる観音堂があ… 続きを読む 小網寺(こあみじ)

常楽山萬徳寺(じょうらくさんまんとくじ)

眼下に太平洋と伊豆諸島を望む高台に、巨大な釈迦涅槃(ねはん)仏が横たわっています。これはお釈迦さまの最期の姿を表したもので、仏教の修業を重ねた尼僧が仏の受記を得て、発願から22年の歳月を経て昭和57年(1982年)に建立… 続きを読む 常楽山萬徳寺(じょうらくさんまんとくじ)